船の交通方法とは

各種船舶間の船の交通には、「海上衝突予防法」「海上交通安全法」等々の法律で定められた船の交通方法があります。

「海上衝突予防法」

海上衝突予防法は、簡単に言うと各船舶の衝突を予防する為の法律となっており、これは国際的な法律でも定められ日本船籍の船だけではなく外国船籍の船でも、ほぼ同じルールになっているので海上で外国船籍の船とすれ違う場合でも船対船の衝突を防ぐことが出来るようになっており、大きく陸上の交通ルールと違うのは、車は左側通行ですが、船の場合は右側通行となっています。
また当然夜でも船は航行するので、この法律には夜間における灯火や昼間表示しなければならない形象物、汽笛による信号や発光による信号などについても定められています。

「海上交通安全法」

海上交通安全法は、船舶の混み合う海域においての各船舶の交通について特別の船の交通方法を定め、船舶の交通の安全を図るために作られた法律です。
海上衝突予防法は全ての海域に適用されている法律なので、海上衝突予防法の特別規則として、航路での速力制限、避航義務などの特例、航路の横断方法などの航法、などを定めた法律となっています。又この法律には適用海域が定められており、「東京湾」「伊勢湾」「大阪湾を含む瀬戸内海」が適用海域となっています。その適用海域の中にも11の航路を設け、各航路ごとの航法がそれぞれに定められています。
ここでは私の乗った船の主な航路が瀬戸内海だったので、特に瀬戸内海についてのご紹介をしたいと思います。

海上交通安全法における「瀬戸内海」


瀬戸内海の絵

上の図で、大阪湾を含む瀬戸内海の青色の海域が「海上交通安全法」の適用海域を示したもので、瀬戸内海では航路として8航路設定されており各航路の場所が示されています。

海上交通安全法の航路における一般的航法


海上交通安全法の航法

◎上図において、A船は中央線より右側の航路をこれに沿って航行している船舶です。
◎B、C、DおよびE船は漁ろう船等を除きA船の進路を避けなければなりません。
◎航路をこれに沿って航行している船舶であっても航路内の漁ろう船等の進路は避けなければなりません。
◎上図において、A船が「巨大船」とすればB船、C船、D船及びE船が漁ろう船等であっても「巨大船」の進路を避けなければなりません。

航路中央ブイ

この写真は松山沖に浮かぶ航路中央ブイ(伊予灘8番ブイ)で、分かりやすく道路で例えるとセンターラインのことです。
この航路中央ブイが東は瀬戸内海の明石海峡付近から、西は関門海峡の入口まで、約4〜5マイル(海上の1マイルは 1,852mです)ごとに設置され、それに沿って右側を航行するようになっています。ただし途中の備讃瀬戸北航路と備讃瀬戸南航路には、一方通行となる為設置されていません。

絵と図及び一部説明文は船の豆知識(海上交通安全法)様より引用

このページのトップへ

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2010 実録!船で働く男のビジュアル航海日誌. All Rights Reserved.