船に乗って6日目

さて今日は昨日の朝、福岡県の響港を出港し神戸港へと向かっている最中。
昨日の夕方15:45〜19:45までのワッチを執ったときには、山口県の平郡水道〜愛媛県の松山市北条沖を通過したところであった。
それから8時間たって今はどこかというと、03:45香川県小豆島の風の子(ふうのこ)島沖にある播磨灘1番ブイに差し掛かっていた。
そこから神戸へは約5時間程度朝焼けに浮かぶ明石海峡大橋を望むことが出来た。

明石海峡大橋

今回は神戸へ向かって航行しているので、左手側に兵庫県明石市。

明石海峡大橋明石市側

そして右手側には兵庫県淡路島。

海峡夢タワー

のんびり観光に来ているわけではないので現実の世界に引き戻すと、08:20には神戸港へ直行で着岸。
当然私は仮眠もできずに着岸作業を行う。そして荷役も11:00には終了し、コンテナを67本積載し山口県徳山港へ向け出港。15:45からのワッチには少し時間が合ったので少しだけ横になりました。
ワッチの時間になったのでブリッジに上がり一等航海士と交代、今度は西向けの航海で香川県の高松沖にある男木(おぎ)島近辺ででした、ちょうどこの先には瀬戸大橋が架かっているので、またその紹介を・・・
左手側が香川県坂出市、右手には同じ香川の与島へ至る幅約3.2kmの備讃瀬戸航路上に架かる橋で、北(与島側)・南(坂出側)備讃瀬戸大橋とあわせて2連吊橋を構成しています。
道路鉄道併用橋としては世界最大級の長大吊橋です。

北・南備讃瀬戸大橋

坂出側の南備讃瀬戸大橋。

南備讃瀬戸大橋

与島側の北備讃瀬戸大橋。

北備讃瀬戸大橋

その他にも与島から羽佐(わさ)島を結ぶ「与島橋」、羽佐島から岩黒島を結ぶ「岩黒島橋」、岩黒島から櫃石(ひついし)島とを結ぶ「櫃石島橋」、櫃石島と香川、岡山の県境にある下津井瀬戸に架かる「下津井瀬戸大橋」の計6つの橋から成り立っています。
後者の4つの橋の写真は撮れなかったのですが、北・南備讃瀬戸大橋の中間の橋梁付近にある「三つ子島」の写真を載せておきましょう。

三つ子島

さてその瀬戸大橋も抜け、来島海峡の手前で19:45になり船長とのワッチ交代。
また明日の朝03:45からのワッチの為、風呂に入り、冷凍をしていたカツオのたたきを食べて就寝しました。

カツオのたたき

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2010 実録!船で働く男のビジュアル航海日誌. All Rights Reserved.