港湾荷役設備のご紹介

ここからはコンテナを船に積み込むときの、各港の港湾設備をご紹介します。実際これら港湾設備を取り扱うのは陸上の作業員さんたちで、船員さんの仕事とは関係はないのですが、普段では見慣れない又聞きなれないものが多くあるので、ここでご紹介させていただきます。

福岡県のコンテナヤード

福岡県福岡市のコンテナ岸壁の写真ですが、オレンジと白のコントラストで塗られている、ガントリークレーンと呼ばれるクレーンでコンテナの積み下ろしを行います。

愛媛県のコンテナヤード

こちらは愛媛県松山市のコンテナ岸壁の写真ですが、こちらのガントリークレーンは福岡のクレーンとはちょっと違う感じですね。

愛媛県松山市での荷役

愛媛県松山市での荷役ですが、ガントリークレーンで荷役を行いコンテナ上部の四隅についているコーナーポケット(=穴)にスプレッダー(写真のコンテナ上部に写っている、コンテナを掴む専用の装置)のロックピンを挿入し固定することで、なかには重量30トンもあるコンテナを迅速・確実に運搬しコンテナを船に積み込みます。

山口県岩国市での荷役

山口県岩国市での荷役

山口県岩国市での荷役ですが、岩国ではタイヤマウント式コンテナクレーンと呼ばれる、吊り具を換え多目的に使用されるクレーンで荷役を行い、タイヤが付いて移動可能なクレーンでコンテナを船に積み込みます。

愛媛県今治市での荷役

愛媛県今治市での荷役中の写真ですが、陸上でコンテナを移動させ、コンテナの整理をするちょっと変わった、スプレッダー仕様の大型フォークリフトです。

福岡県福岡市での荷役

中央に見える背の高い青色のリフトも変わっていますよね、運転席は最上部に有りこれもコンテナを移動させたり、ガントリークレーンの下までコンテナを運んだり、写真のようにトラックに積み込んだりするコンテナキャリアと呼ばれるリフトです。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2010 実録!船で働く男のビジュアル航海日誌. All Rights Reserved.